眉毛は抜かないほうがいいと言われる理由と抜いてもいい場合

眉毛は抜かないほうがいいと言われる理由と抜いてもいい場合

 

眉毛を抜いても大丈夫!?眉毛を抜くメリット・デメリット

 

眉毛,抜かない

 

眉毛の処理をするとき抜くか、抜かずに剃るか2通りの方法があります。
やっぱりキレイにそして長持ちさせるためには抜く方がいいですよね。

 

 

いったい眉毛を抜いた時にはどんなメリット・デメリットがあるでしょう?

 

眉毛を抜いた時のメリット

 

眉毛を抜いた時のメリットは、剃った場合と比べて細かく眉毛を整えることができる点です。
眉毛を剃ると、どうしても黒くポツポツと剃り跡が残ってしまい、伸びてくればすぐに目立ってしまいます。

 

 

眉毛を抜くことで、しばらくの間は無くなるのでケアの回数を減らすことができます。
また、剃る場合だと細かな調整が難しいというデメリットがあります。

 

眉毛を抜いた時のデメリット

 

眉毛を抜くことが習慣化して抜き続けると、今度は生えづらくなってきます。
それでも抜いていくと、今度は毛根が痛んで死んでしまい、
その場所は眉毛が生えてくることが不可能になってしまいます。

 

 

今の流行のように太眉が流行してくると、生やしたいのに生えてこないというなんともツライ状況になってしまいます。
また、眉毛を抜くことでそこから雑菌が入り繁殖して腫れてしまうようなことも起きやすくなり、
まぶたが垂れてしまう可能性も出てきます。

 

眉毛は一度抜いてしまうと生えてこないのか

 

普段から眉毛を抜いていると、そこが生えてこなくなるという話を耳にします。
ずっと細眉が流行していれば、それでもいいと思いますが、最近ではナチュラルな太眉が流行中です。

 

 

そうなってくると生やしたいのに生えてくれないという悲惨な状況になってしまいますね。
上記したように毛根(毛母細胞)が死んでいなければ生やすことは可能だと言われています。

 

 

本当にいらないまぶたの上などのムダ毛は抜いてもいいかもしれませんが、
密度の高い部分は抜くのはほどほどにしておいた方がいいかもしれませんね。

 

眉毛が生えづらくなってしまったときの対処法

 

眉毛が生えてほしいところに生えてこなくなってしまった場合の対処法として「保湿」「出来るだけ清潔なお肌にする」ことで、眉毛をの生えやすい環境にしてあげるといいでしょう。
さらに「眉毛美容液」を使うことをおススメします。

 

 

眉毛美容液は弱ってしまった毛母細胞を元気にしてくれる成分の入ったものがいいでしょう。
例えば「マユライズ」ですが、これには業界で唯一の“たまご成分”が入っていて、
このアミノ酸が繰り返し抜いて弱ってしまった毛母細胞を元気にし、強くしっかりとした眉毛が生えやすい環境にしてくれます。

 

 

眉毛が新しく生えてくるまでには約2〜3か月かかると言われています。

 

 

今人気の眉毛美容液“マユライズ”の口コミを見ても分かりますが、そのくらいの期間が経てば、
生えてこなかった部分から産毛が生え始めたり、少しづつしっかりとした眉毛が生えてくるのを実感できています。

 

>>>マユライズの口コミをこちらから確認する


 
page top